白髪を染めると人生がハッピーになる3つの具体的な理由

白髪を染めると人生がハッピーになる具体的なワケ3選

目次

始まりは1本の白髪から

学生の頃は全く気にすることなかったのに、30代に入ってから「あれっ?白髪が生えてる!」と1本見つかったことに小さなショックを受けながらも、「まあ一本くらいだったら気にすることないでしょ」と毛抜きで抜いたことありませんか。

年齢を重ねていくごとに毛抜きで抜ける量じゃないほど白髪が増えていき、ある時に毛抜きをあきらめた瞬間から若年から青年に変わったことに気付いたちょっと寂しい思い出。

お姉ちゃんからおばちゃんへ変わるとき

例えでいうと、小学生低学年以下の無邪気な悪意のない子から、「お姉ちゃん、お兄ちゃん」と呼ばれて、まだ自分は若いんだ。

そう心に言い聞かせていたのに、ある時から「おばちゃん、おじちゃん」と言われ、「ああ自分もついにそういわれるようになったか」と思ったあの時です。

10代のころは、早く大人になりたいと思って20歳になったときに自分も大人の仲間入りだ!

そう心躍らせていたころが懐かしく、今では逆に外見が若く見られたほうが嬉しいモノになっています。

加齢に対して気持ちが追い付いていない

もしかして、これを読んでいるあなたもそうかもしれません。
加齢と気持ちが平等じゃないのは私だけではないのではないでしょうか?

「まだまだ自分は若い!」

「まだまだ周囲の注目を浴びるはず」

そう思い、実際に周囲からみられている評価とノットイコールになることが最近多く感じるようになりました。

現在の私は周囲が10歳以上離れている環境にいるためか、年下の子たちの何気ない一言でも「深いダメージ」を受けることがザクザクありました。

被害妄想に近いとも言えるかもしれませんが、若さに執着してあがらっている限り、この心のダメージは消すことはできないでしょう。

しかし、老いを認めるのにはまだまだ早いと思っています。
おそらく100歳超えてもこのような気持ちを持つのではないでしょうか。

人はそんなものだと思っていますし、自分の老いを心からすんなり受け入れられるような悟りを開いた方にはまだまだなれそうにありません。

外見はとっても大事

そこで、私はまだまだ見た目を気にしていきたいと思っています。

10歳以上離れた周囲の子たちと付き合って行くためにも、何とか頑張っていこう。
そう心に決めました。

しかし、年下の子たちと同じになれるとは当然思っていません。

もしなれたなら美の伝道師やカリスマ、美魔女などと呼ばれることでしょうが、そこまでできる自信はありません。

ただ、年齢相応というか、同年代の中では「いつ見ても若いね~」なんて言われたいものです。

それなら色々な対策をとることで無理なく可能だと思いまして…

そこでこの記事では20代前半にはなれないものの、年齢マイナス10歳または同年代から「きれいだね~」とか「いつ見ても変わらないね~」などと言われるような、プチ喜びを得られる方法を公開していきたいと思います。

あなたはまだまだキラキラしています

30代、40代、50代、60代、70代、80代、90代、100歳以上、どの世代でも、持っている気持ちはみんな同じだと思います。

心の中では「まだまだ〇〇」そう思っている方が多いでしょう。

その方たちにちょっとだけ貢献できる若返り術を、私の実践を含めて紹介しますので、ご一読いただけたら幸いです。

さて、こう述べてきましたが、具体的にはどういうことでしょう。

人生がハッピーになる具体的な手順

それは以下のようなステップを踏みます。

1見た目を若くする

2周囲から良い評価を得られる。

3うれしい気持ちになりやる気が起きる。

4心(精神)の状態がよくなると、何事もいい方向に考えられる。

5やる気がでると体の細胞も活性化し、知らない間に肌がきれいになったり目が輝いてきたりする。

6周囲に何か教える時でも優しくなることができ評価が上がる。

7評価が上がるとさらに賞賛を受けるよう頑張れる、または自然と「頼られたり人気者」になっていく。

8責任感も芽生え、さらに頑張る気持ちになると、周囲に与える影響力が上がり、さらにいろいろな中心人物になっていく。

と、簡単に書き出しただけでも、どこを見てもマイナス点はありません。
プラスしかない、いい方向になることしか見えません。

1番から始まり8番まで到達すると、人生の質がどんどん向上していくでしょう。

そしていいことだらけの人生になっていくでしょう。

とは言え、いきなりなんて無理ですし、人によっては「そこまでしなくていいよ」と思う方も大勢いると思います。

8はあくまで最終形態となり、あくまで理想です。

現実は自分のやれそうなことを取り組む形でいいと思います。

見た目を若くする

「見た目を若くする」だけで、ある意味ゴールです。

今よりちょっと変化を加えるだけであなたの人生は格段に良くなります

どこまで良くするかは人によって価値観も違います。
やり方も人それぞれなので、あくまで無理なくあなたができることだけやればいいでしょう。

ちょっと変わるだけで周囲からの評価が「激的に変わる」方法について考察していきたいと思います。

私の経験談なので「ちょっとそれは違うかな」と思っても「まあいっか」と笑って許して頂ければ幸いです。

老けてみられるポイントは3つ

私が10歳以上離れた子たちから言われる「おばさん、おじさん」ポイントは大きく分けて3つあります。

この3つのいずれかを直すだけで、とても若く見られるでしょう。

その若さを手に入れれば何事もよく見えてきます。

ぜひ覚えてかえってもらえればと思います。

「おばさん、おじさん」になるポイントその1

「太った」

加齢とともに新陳代謝も悪くなり、若いころと比べて体を動かさなくなったせいか、体重が増えることはあっても減ることはありません。

10代の時は「やせたいと悩みたい」という目標を掲げていたのも懐かしく、今では「太りたいと悩みたい」と真逆の悩みを抱えています。

私を含む多くの方が、今よりもやせたい…そう思っているのではないでしょうか?

落とすのが難しいアゴとお腹周り

私の場合は、特におなか周りとアゴ周りです。

気にせず食べていたら脂肪がしっかりアゴにのり、アゴを引くと2重アゴになっています。

そしてエラの部分も丸くなり「骨の形がわかるほど輪郭がシュッとしていた」あの時代は遠い昔です。

首がないなんて言われる次第で、アゴなしさんなんて酷い言われた方も経験しました。

心の中では相当傷ついているものの、加齢とともに食欲は以前より増しセーブするのが困難ですのでついつい食べていました。

そして天使の輪と言い呼ばれ方はするものの、実際は脂肪の浮き輪となっているおなか周り。

バストサイズより大きいポッコリおなかとなっていました。

おなかを掌でたたくと「ポンッポンッ」と楽器を奏でているようないい音がしたのを覚えています。

ここまで聞いて、「私もそうかも…俺も…」と思った、女性、男性の方いらっしゃるかもしれません。

運動や食事制限はきつく逆にストレス

やせた方がいいことは分かっていつつも、運動や食事制限などの頑張りに比べて、結果って全然出にくいと思いませんか?

私は、フィットネスジムに10社ほど、ひととおり行ったことがありますが、結果は2~3か月もたったころには、ほとんど行かない、また行ったとしても運動せずお風呂に入って帰るだけの、高い銭湯になったのを覚えています。

合同で踊ったりする、プログラムトレーニングは時間が決められており、仕事や環境でなかなか合わせることはできませんでした。

セルフジムの場合、一か所ずつ鍛えるマシンや、一人で黙々とトレーニングをするのは、性に合わないというか、はっきり言ってつまらなくてたまりません。

私はそんな自分を苛めて喜べる苦労が大好きなマゾヒストではありませんので、改めてジムは合わないなと思いました。

ただ、あなたが私のような考えではなく、意思が強く運動もジムも楽しいといった場合は、とても健康的で良いことなので続けることを心がけていきましょう。

たとえライザップのようなところに行って一瞬、CMのような脂肪がそぎ落とされる結果になったとしても、やめた瞬間すぐに戻る自信があります。

体験者の口コミでも結局「元に戻っちゃったよ」という声をとても多く見かけます。

あのように糖質制限するボディメイクは余程の強い意志がない限り維持することは難しいでしょう。
人生が楽しくなる食を削るわけで、ライフスタイルの向上になるとは思えません。

これまでの言い訳を聞いてお分かりになるかと思いますが、はっきり言って「やせたい」とは思うものの、実際に行動するかといったら三日坊主で終わってきた人生です。

今さら変えることは難しいですし、ストレスもかかってくるので諦めることにします。

年齢を重ねるごとに食のおいしさを知る

歳を重ねていくごとに食のレベルはアップすると思います。

人生一度きりなので、おいしいモノたくさん食べたい!
その欲望が私の中で一番かもしれません。

もし、あなたが自己抑制ができて、ストイックに自分を苛められる方だとしましょう。
そして運動することも好きで、体を動かすことに快楽を得られることなら是非やめないでください。
運動や食事制限は、やせることに対してとてもおすすめする行為です。

私の場合、食べることが好きで、ジムなどの決められた運動は嫌いです。
ですので運動は切り捨てて次のポイントに進むことにします。

「おばさん、おじさん」になるポイントその2

「流行への執着」

若いころ、流行を追っている自分はいませんでしたか?

今も流行を追ってシーズンごと(3か月に1回)に、流行の洋服を買いそろえている方もいるかもしれません。

もし流行を今も大事にしている場合は、このポイントは飛ばして3番目のポイントにお進みください。

私も例外にもれず10代から20代までは洋服にこだわりを持っていました。
ノンブランドやファストファッションではなく外出するときは有名ブランド中心の洋服を購入していました。

部屋着もアメリカンアパレルやバナナリパブリックなど体にピッタリフィットするデザイン性に富んだモノを購入していました。

外に出かける用では、用途別に分けハイブランドやミドルブランドなどに散財して流行ファッションに気遣っていました。

当時は、シャネル、ロエベ、セリーヌ、Vivienne Westwoodヴィヴィアンウエストウッドのコレクションシリーズを好んでいました。

ファストファッションの代表格のユニクロやフォーエバー21、zaraなどのファストファッションには全く興味なく、外でも家でも購入はないなぁと思っていました。

貰った洋服のタグをはさみで切る

友人からユニクロのタイトなインナーをもらうがありました。
もらいものなので捨てるのは悪いと思い部屋着にすることにしましたが、なぜかユニクロを着ているというのが誰にばれるわけでもないのに気になり、服についているユニクロとわかるタグの部分をはさみでチョキチョキ切って捨てていました。

コストパフォーマンスへの変遷期

ですが、今はそんなことがとても懐かしく思えます。

なぜなら、ある時ブランドにかける意義を見失い、その分コストパフォーマンスが優先される時代が来ました。

忘れもしない37歳になった時からです。

私の場合は、結婚したことや子供ができたことなどによる、周囲にイケテル人物像をアピールする必要がなくなったのが原因かなと思っています。

今思えば、後悔することはないモノの、あの時に掲げていたブランドへの情熱は全くなくなり、まあ最低限きれい目に見えれば、ユニクロ、フォーエバー21、zaraなどファストブランドでいいやと思うようになってしまいました。

価格は気にせずデザインやインスピレーションで選んでいたモノが、コストを重視して選ぶようになり、ファストファッションでいいやと思ってしまっている自分がいるのです。

やはり結婚、出産を得て自分の価値観が変化したことはいうまでもありません。

今はデザインより価格優先で洋服を選んでいます。

しかし、鏡で見ても写真で見ても、やはり使い捨てを想定したファストファッションは安いだけあってそれなりのレベルなのは否めません

やはりハイブランドは造形美がきれいで原料生地や縫製する糸一本に至るまでこだわっているので長年持ちますし、場合によっては子供に引き継がせられるようなモノさえ数多くあります。

コストを気にしないなら断然ハイブランドを

もし、あなたがハイブランドを定期的に購入できる恵まれた環境にあるのなら、これからも続けていってください。

「若くする」
「自分をきれいに見せる」
「気分が上がる」
「周囲の目が変わる」

など、もれなくいいことが起きますので、これからもハイブランドを着続けるのも一つの手だと思います。

残念ながら私は結婚して3歳の子供を育てる環境にあるので、なかなか自分に充てるお金を用意することはできません。

そのため今や全身ノンブランドかファストファッションになっています。
そのためハイブランドを着続けられる日々は、宝くじが当たってビッグマネーを手にしない限り難しいでしょう。

1の運動によるダイエットから、シュッとした顔立ち、くびれたウエストなどは、そもそもやる気が起きず無理。

2ファッションによる変化は簡単ですが、それ相応のお金がかかり、結婚し子供を育てている今ハイブランドにかける余裕など全くない。

とこのように、運動したり、流行を追ったりすることは私には無理でした。

ただ最後の3番目は私でもできた行為なので、今はこの3番目を行うことだけはしています。

「おばさん、おじさん」になるポイントその3

「白髪隠し」

自分の能力以外で、他に見た目を変える方法はエステや美容クリニック、審美歯科などが考えられますが誰でもできるわけではありません。

そこに充てる「お金を十分に持っている方のみ」ができる行為です。

2番のようにハイブランドにお金をかけられる方の場合は、エステや美容クリニック、審美歯科も検討してみてはいかがでしょう。

他者にまかせられラクにあなたの見た目を変えることができるでしょう。

私の場合は限られた予算の中でやりくりしており、エステや審美歯科に継続的に行く余裕はありません。

そんな私でも若くする方法を実現しています。

それは「最も手軽に外見的特徴をすぐに変えることができる」方法で「白髪染め(カラーリング)」というものです。

たった一本の白髪で評価が変わる

周囲にとても老けた印象を与える白髪を、例えば黒髪なりダークブラウンなりライトブラウンなりに染め上げてみましょう。

実際にやってみると、あなたは想像以上の満足した結果を得られることでしょう。

驚くことに多くの方が若さを実感し、少なくとも自分で思っている5倍、一瞬で若くなることが可能です。

その位インパクトのある方法です。

髪が印象の8割を決める

髪の印象は外見的特徴の8割を担っていると言います。

長髪の女性が、短髪にしただけで印象ががらりと変わるのと同じです。
その位、見た目での髪の重要性は高いものとなっています。

その8割の部分をむらなくきれいに染め上げたとしましょう。

まるで20代の様に、サラサラつやつやの美髪にしたとしたら、あなたの変わりように周囲はすぐに気づき賞賛してくることでしょう。

もし、あなたが我慢せず、痛くもなく、面倒な手続きは一切なしで、とてもお安いうえに、たった5分で、周囲からの評価を劇的に変えられる方法を望んでいたら、損はまったくないのでぜひやってみることをおすすめします。

白髪がなくなれば10歳若返る

白髪が一本あるだけで現年齢より年を老けて見られますが、逆もまたしかり、白髪がなくなるだけで5歳、10歳若返ることができるでしょう。

エステや審美歯科などに行くと、多大なお金がかかり負担も大きくなります。
そして、すぐに変化が出るわけではなく継続的に期間をかける必要が出てきます。

エステや審美歯科はもちろん医療行為なので医師免許が必要となるリスクがある行為です。

失敗も少なくなく、決して全員が希望通りになることはありえません。
被害者団体もあるほどクレームやトラブルが多いのも事実です。

もし、医療行為を行うなら、決して料金の安さなどだけで決めつけず、アフターサービスや、自作自演でない本当の口コミを探して慎重に考えてから判断するようにしましょう。

たとえリスクを承知したとしても、経済的負担は大きく私のような一般人にとっては高値の花で、なかなかできるものではありません。

できるとしたら、ブランドのファンデーションを買うなどのプチ贅沢ぐらいです。

白髪染めやカラーリングは誰にも平等

しかし、髪の色は、どんな人にも平等です。

白髪染め、カラーリングは500円からできるので、負担はほぼないと言ってもいいでしょう。

白髪染めを過小評価するなかれ

相手に与える印象を決めるのに「髪」は8割を占めていると言われています。

逆を考えると、「髪」を若々しくすれば、多くの人から好印象を受けるということでもあります。

年齢を重ねていくにつれ、若さを保ちたい!

みんな心の中ではそう思っていることでしょう。

それは人間だけではなく、動物の世界でも一緒です。

若さを保つといっても、10代や20代のような子供的若さではありません。

本当の若さとは30代以降から醸し出してくる年代にあった、あなたの美貌、パートナーや旦那さんの紳士力のことです。

この若さを手に入れることで同世代並びに下の世代、上の世代にも好印象なイメージを与えることができるでしょう。

しかしいくら自分がどんなに頑張ったとしても、その若さを決めるのは、自分ではなく周囲の方々です。

自分を決めるのは他人

そう、自分がどんな人かは自分が決めるものではなく他人が決めるものです。

そのため、周りの評価は自分への評価となりますので、とても重要なことと言えましょう。

髪は人の印象の8割を決めると言えますが、周囲はその変化にすぐ気づくことでしょう。

周囲は気づかない間にあなたを見ています

言葉で言わないまでも、周りの人は他人の変化に敏感です。

もし、初対面の人と会う場合は最も大切です。

ファーストインパクトと言われるように、その人の人間性は初めて会った時に9割決まってしまうと言われています。

自分の性格云々というより、顔をみて勝手に決められてしまうのです。

人は、一度思い込んでしまうとなかなか修正できません。

そのため初対面は特に重要と言えましょう。

髪の色を変えることでカンタンに自分をリフレッシュできます

たった一度の変化であなたの人生をさらに好転させることもあり得るパワーを持っていると確信しています。

なぜなら、私の実体験に基づいて話しているからです。

白髪染めはとても手にいれ安い価格で、500円から高くても1万円以内で収まります。
さらに白髪染めにはトリートメント効果が入っているものも多く、染まる以外に髪を艶髪の美髪にすることもできます。そう思うと決して高いお買い物ではないのではないでしょうか。

たった一回の白髪染めで周囲の見る目が変わる

私は白髪染めをたった一回行っただけで、10歳以上離れた子たちから賞賛を受けることができました。

周囲は変化に敏感、髪の変化には特に気づいてくれます。

さらには、同窓会であったみんなからも、「ほんと変わらないよな~」「どうしたらそうやって若さを保てるの?」と聞かれ、心の中では「やった!」と叫びプチ満足も得られました。

さらにレベルアップを目指すのなら

私はできませんでしたが、1の運動、2のハイブランドを組み合わせれば、3の白髪隠しも含めて若返り効果はさらに増すことでしょう。

白髪隠しは、とても簡単に若返る方法です

思い立ったが吉日、すぐに行うことができるのでとてもおすすめな方法と言えましょう。

白髪染めは様々な製品が開発されていて、用途別に使い分けることができます。

おうちでしっかり染めるモノから、外出先でちょっとした部分染めに適したもの、たった5分できれいに染め上がるモノや、洗い流す必要のないものまであります。

白髪染めは簡単に若返ることができる方法です。

たった一度行うだけでも、あなたのライフスタイルが向上していくでしょう。

一緒に若々しくきれいになっていきましょう!

もし初心者でもお安くきれいに白髪染めカラーリングをしたい方は、色々なアイテムがありますので、当サイトコンテンツラインナップを一度ご覧ください

もし、自分で決められない…そういった場合はお気軽にご相談ください。

美容エステのSocie(ソシエ)で5万人以上の美容スタッフを統括していた、40代カリスマ美容師、カラーカウンセラーも歴任している予約困難の美容師、佐藤氏監修のもとあなたの具体的な悩みに対する対策、市販で購入できる白髪染めカラーリング用品を提案させて頂きます。

 

 

白髪染めランキング!みんなから選ばれた本当にいい白髪染めを発表

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。