白髪染めを手軽に自宅で!思い通り染めるコツ!

白髪ケアの正しいコツ

マイナスイメージの多い白髪

特に女性なら少しでも若く見られたいですよね。

手間を惜しまない人も多いのではないでしょうか?

そこで、白髪が気になり始めたら知っておきたい、おススメの自宅ケア、そして思い通りに染めるコツを、実際に試している筆者のコノウエが紹介します。

 

白髪ケアは手軽で簡単?!

白髪に悩んでいるなら、ぜひ使ってほしいのがヘアマニキュアタイプの白髪染め。

臭いがきついタイプの白髪染めとは別物で、手軽で初心者でも初回からしっかり染まるのがポイントです。

ただし、髪に色素をコーティングして定着させるため、他のタイプの白髪染めより色が落ちやすい欠点も。

でも、急な予定にもすぐに対応できる手軽さと即効性は、かなり魅力なんです。

 

これで、自宅で思い通りに染まる!

ちなみに私は、「週末のんびり自宅でトリートメントケア。ときどき美容院」でストレスなし。

でも、こうなるまではちょっとしたコツが必要でした。

その思い通り染めるコツは、実は取り扱い説明書に書かれている【正しいやり方】なんです。

 

白髪ケアの正しいやり方

1.表面上の汚れを取る

まずは、洗髪により汚れをとり除き、一度タオルドライをして水分を取り除きます。

ここで注意してほしいのが、シャンプーを使わないでお湯だけで洗い流してください。

シャンプーの多くはシリコン樹脂が入っており、髪をコーティングしてしまうため色が入りずらくなります。

利尻ヘアカラーシャンプーなどシャンプーと染毛を同時に行えるハイブリッドシャンプーの利用は可能です。

 

2.キャップをかぶってしっかり浸透

あとは、ヘアカラートリートメントをなじませてヘアキャップ。

ゆったり湯船につかりながら、雑誌など眺めていればあっという間に30分。

しっかり染まる上に、優雅なバスタイムにもなってダブルにお得です。

 

3.しっかり洗ってスグに乾かす

あとはしっかり流して、ドライヤーで乾かしましょう。

上記のことをやるだけで、色持ちや染色の浸透度が全然違いますよ。

 

色選びに困ったらワントーン暗めのカラー

もう一つ大切なことが、カラーの選び方。

特に白髪の量が増えてきたら、ワントーン暗めの色をチョイス。

自然な感じに仕上がりだけでなく、一部だけ赤いなんてことにもなりません。

私自身、自宅ケア中心なのに、白髪も目立たず、しかも美容院のスケジューリングの負担や、お金と時間にふりまわされることもほぼゼロ。

そのかわり、今は利尻ヘアカラートリートメントの在庫管理が欠かせませんが、定期購入を利用して賢くキレイを実現しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

私は、やり方のコツをつかんでからは、頻繁に美容院へ行かなくても白髪のストレスはありません。

というわけで、白髪が気になりはじめたあなたも、まずは試してみませんか?

白髪染めランキング!みんなから選ばれた本当にいい白髪染めを発表