知らなきゃソン⁉髪にも骨にも効く3種のカルシウムパウダー!おばあちゃんの知恵は凄いです!

髪にも骨にもいい万能パウダー

食生活の変化によるカルシウム不足

私たち日本人は欧米の食生活が入った結果、昔から継がれてきた食生活を忘れていしまいました。

残念ながら欧米の食生活は私たちには合わないので、骨の主成分カルシウムが不足がちになっています。

カルシウムは、骨を強くする大切な成分

カルシウムが不足すると、骨が弱くなり空洞(骨粗鬆症)になっていき骨折のリスク、血流に関連する様々な病気を発症しやすくなります。

 

このカルシウム

実は髪にもいいのをご存知ですか?

 

相関関係から、髪と骨は同じ栄養素を求めています。

骨を丈夫にする食物をとれば髪の栄養にもなり強い髪を作ります。

カルシウムを取ることが結果、髪にもいい結果を生むことになります。

カルシウムを積極的に補うことで骨や髪を強くして若々しい状態を保ちましょう。

 

ただ、食事で毎日摂るのはなかなか厳しいモノ。

コンビニ生活や、ラーメンや肉食中心、副菜なしの主菜だけと言う方も少なくないと思います。

カルシウムをカンタンに摂る方法とは?

そこで、いつもの食事にプラスワン(1つ足す)するだけのカンタンにカルシウムを摂取する方法をご紹介したいと思います。

骨にも髪にもいいカルシウムを取って、健やかな毎日を過ごしましょう。

東洋医学から学ぶ黒い食材

東洋医学では色が黒い食材は、骨を丈夫にし髪のコシを戻し強くすると言われています。

黒い食材とは、「黒ゴマ」「黒豆」「黒卵」「黒きくらげ」「黒い海藻」など見た目が黒い食材のことです。

3種類の万能パウダー

この黒い食材を使ったクセが少なく継続しやすい、万能パウダーを3種類ご紹介します。

ご家庭で3分もあれば作れる手軽さ、保存は冷蔵庫1か月程度持ちますのでぜひお試しください。

髪だけでなく、体全体の骨や歯を強くして若々しい体を維持することができます。

それでは早速万能パウダーその1をご紹介します。

その名は…

フィッシュパウダー

準備するもの
無添加の国内産ニボシ、ウルメイワシ、乾燥小魚

作り方

1、小魚を炒る
ニボシなどの乾燥小魚をフライパンで炒ります。

油をひく必要はありません。

頭から尻尾まで食べることが理想ですが、魚の臭いが気になる場合は頭とはらわたを取ると臭いを抑えられます。

2、炒った小魚のパウダー化
ミキサーやミル、すりこぎを使い煮干しを粉々になるまで細かくします。
3、食品添加物を混成
お好みで、味の素を足し完成です。
4、使い方は自由
ふりかけとしてご飯に使ったり、おかずのアクセントとしてお使いください。
5、摂りすぎには注意
魚の塩分は高いので、一度に多量に食べないようにしましょう。

 

覚えておきたいポイント

1日の目安量は小さじ一杯程度(多くても大さじ1杯以内)

毎日取れば骨も髪も強さを維持できます。

 

万能パウダー2つ目はこちら

セサミンビネガーペースト

髪の黒々しさを叶えるゴマのセサミン、血液サラサラ効果のビネガーを合わせた相乗効果を実現。

準備するもの

黒ゴマ 100g、酢 250ml

作り方

1,黒ゴマを炒る
熱したフライパンに黒ゴマを入れ5秒程度炒ります。

油をひく必要はありません。

あまり炒めすぎないように注意してください。

白ゴマは効果が薄いので髪の黒さは黒ゴマを使いましょう。

2、炒った黒ゴマを粉末にする
ミキサーやミル、すりこぎを使い黒ゴマを粉々になるまで細かくします。
3、ビネガーを混ぜる
黒ゴマパウダーを容器に入れた後、ビネガー(お酢)を注ぎます。
4、黒ゴマパウダーのペースト化
黒ゴマが酢を吸いきりペースト状になったら完成です。

覚えておきたいポイント

大さじ2杯を目安に毎日食べましょう。

そのまま食べるのがおススメですが、ゴボウサラダと合わせても美味しくいただけます。

酸味があるので、お肉料理のアクセントとしても相性がいいです。

 

最後の万能パウダーはこちら

ひじきパウダー

髪と骨に大切な栄養成分ミネラルの吸収率を高める万能パウダー

準備するもの

乾燥ひじき100g

作り方

1、ひじきを水洗いして炒る
ひじきを軽く水洗いして、水を切った後、熱したフライパンで水分が飛ぶ程度炒ります。

焦げやすいので焦がさないように注意しましょう。

油をひく必要はありません。

2、炒ったひじきをパウダーにする
ミキサーやミル、すりこぎを使いひじきを粉々になるまで細かくします。
3、完成
ひじきゴマパウダーを容器に入れて完成です。

覚えておきたいポイント

一日の目安量は小さじ一杯程度。

湿気やカビに弱いので、なるべくきっちり締められる容器を使いましょう。

保存は、常温でもかまいませんが冷蔵庫に入れておくと長く持ちます。

上限はありませんが、毎日飽きずに摂るためにも小さじ1杯程度の少ない量から始めましょう。

上記で作った、煮干しパウダー、ゴマ酢ペースト、ひじきパウダーを、カルシウムが豊富なほうれん草、小松菜などにかけて食べると相乗効果を発揮し、さらに髪と骨を強くします。

牛乳やスープなどに入れることも可能ですが、液体に入れる場合は口に含んだ後、何回も嚙むことを心がけましょう。

カルシウムは歯で噛むことで直接吸収されさらに骨を強くします。

他にも、納豆とシラスを使った髪の健康料理を紹介しています。

詳しくは下記リンクよりご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

作るのも手軽で一度作ると1か月は持ち朝食、昼食、夜食、いつでも使えます。

お弁当や、お食事の際に、コンビニおにぎりでもパウダーをかけるだけで、あなたの髪と骨を丈夫にします。

同じパウダーを毎日食べるのがツラいなら、三種類のパウダーをローテーションにして使ってもいいので、なるべく継続することが大切です。

 

ぜひあなたの食事にプラスワンして、健やかで美しい生活をお過ごしください。

 

参考文献:病気・症状別 おばあちゃんの知恵450 自然の力で体を元気にする
主婦の友社発行(ISBN978-4-07-262504-0)

白髪染めランキング!みんなから選ばれた本当にいい白髪染めを発表

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。