自分に合った白髪染めの色を選ぶ方法

白髪染めの色の選び方

自分に合った白髪染めの色

白髪染めを見ていると明るいブラウンから黒色まで約4種類ありますが、実際あなたの髪になじむ色にするにはどの色を使えばいいでしょうか。

自分の髪の色を見て、それに近い色をなんとなく選んでいませんか?

自分に合う色を見つける方法はとても簡単なので、ぜひ覚えて帰ってもらえればと思います。

自分に合う色を見つける方法

白髪染めのカラーを選ぶ場合すぐに実行できる簡単な選び方があります。

その方法は、今の自分の髪よりワントーン上げた(一つ上の明るい)色を選ぶことです。

真っ黒を選ぶ場合は別ですが、人によって染めたい色は様々あります。

経験がないとなかなか一回でイメージ通りにならないことも少なくありません。

もし、暗すぎるトーンを選んでしまうと、ご自分が思っていた以上に髪の色が暗くなります。

そのあと、もう少し明るくしたいと思ってもできないことがほとんどです。

そのため、ご自分選んだ色より一段明るい色を選ぶことでリスクを回避することができます。

・明るい髪→暗い髪は可能

・暗い髪→明るい髪は不可能

と覚えておいてください。

最も失敗しずらい方法

自分の希望の色よりワントーン以上上げた白髪染めを使うことです。

一通り終わった後、もっと暗くしたい場合は同じ色を使用するか、一つ下げた色の白髪染めを使います。

コツは、できるだけ白に近い明るい色を使っては、すこしずつトーンを上げて試していく方法です。

これにより、あなたは、使う商品の浸透率や見た目、色の乗り方を直に体験することができるので、再現性もより高くなることでしょう。

二回目や三回目と回数が増えるごとに一回目よりも髪の色が暗くなっていきます。

そのため、常に同じ色の白髪染めを使う必要はありません。

実際に行うときの髪の色を考えたうえで、それよりも一つ以上明るいカラーを選んでもらえればと思います。

これでマスター!失敗しない白髪染めの方法

1 全ジャンル共通

まず、髪の毛をお湯で流しましょう。

髪の毛が濡れている状態でタオルでふき取ってください。

その後、白髪染めシャンプーやトリートメント配合白髪染め、白髪染めクリームを塗ってください。

髪の水分に比例して、色素浸透力や付着力が弱まります。

ヘアマニキュアやヘナ、クリーム型白髪染めをお使いの方も影響しますので、できる限りタオルで拭いておくことをおすすめします。
(ドライヤーで乾かす必要はありません。)

使用する白髪染めの量や時間に比例して、色素浸透力が高くなります。

できる限り量を使って髪の毛に塗り込んでください。

目安時間は以下の通りです。

・シャンプー:すぐ洗う。

・ヘアマニキュア:30分以内に洗い流す。

・トリートメント:40分以内に洗い流す。

・クリーム:40分以内に洗い流す。

・ケミカルヘナ:90分以内に洗い流す。

・オーガニックヘナ:2時間以上8時間で洗い流す。

AとBの薬剤を使った、脱色後染毛(酸化染毛剤)を使った白髪染めのポイント

簡単に説明すると

・Aは髪の色を抜く脱色剤(アルカリ剤+過酸化水素)。

・Bは髪の色を構成する色素原料が入った化学染料

の2つの溶剤を使うことが多く、初めに髪の色を脱色した後に色素を入れる方法になります。

上述したように、Aは脱色剤で、一度髪の色を抜きます。

その際に髪に必要なキューティクルや組織細胞を壊すので髪の毛自体にはとても強い負担がかかります。

そのため、利用する際には覚えておいてほしいポイントがあるのでご紹介します。

1、A液などの薬剤を塗るときは、染めたい場所に正確に塗り頭皮にできる限りつかないようにする。

2、薬剤を塗った後は、頭をラップで巻いて触らないこと。(手で触ると手荒れの原因となり、くしでとかすと髪の毛を傷める原因になります。)

3、購入した商品の説明書をよく読み、記載されている時間を正確に順守すること。
もし時間を長くとりすぎると、髪を傷める上、結果が異なったりお肌のトラブルが発生する場合もあります。

4、白髪染めの液剤は、白髪以外の黒髪にはつけないようにしましょう。
黒髪につけてしまうと元気な髪も傷ついてしまいます。

この四点に気を付けてもらえば、失敗する確率をぐんとへらすことができるでしょう。

植物で聖なる薬草ヘナ

ヘナカラーリングは自然成分の白髪染めです。

そのため、浸透力としては高くなく白髪に色が入るまでに時間がかかることが特徴でもあります。

ヘナで素早い効果を得たい場合はたっぷりとつけることがポイントです。

もし、あなたが市販のシャンプーやトリートメントを使っている場合はシリコンが入っている場合が多いと思います。

シリコンシャンプーやシリコントリートメントを使うと、コーティング力が強いのでなかなか色が入っていきません。

そのため白髪染めを行う前には、シャンプー、トリートメントを使わないお湯だけで流すことをおすすめします。

余裕があれば、シリコンシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えるのも一つの手です。

白髪染めは種類によって使用頻度が変わります

A剤やB剤を使った白髪染めは髪にとても負担をかけます。

そのため、少なくとも1か月以上は開けるようにしましょう。

2週間に一回や3週間に一回など1か月未満で再度白髪染めをする際は、髪や肌トラブルの確立が高まりますので注意が必要です。

髪の負担が少ない白髪染めは?

髪の負担が少ない白髪染めあるのご存知ですか?

ドラッグストア、スーパー、コンビニなどで販売されている白髪染めは、ほとんどがブリーチ力(脱色力)が強い、2色薬剤式白髪染め(酸化染毛剤)で占められています。

自分で白髪染めをする場合は、市販品の中でも髪を傷めない白髪染めを探してみてください。

白髪染めの場合、ブリーチ(脱色)する必要はありません。

白髪自体は強くないものなので、頭皮や髪のケアをすることが大切です。

染料も、ジアミンなどの化学物質を使わず、植物染料などの「自然由来の染料だけ」を使った白髪染めや、アルカリ剤+過酸化水素の脱色剤が入っていない白髪染めを選ぶことが重要と言えましょう。

髪や頭皮にダメージを与えない方法なので、白髪、抜け毛、薄毛が気になり始めた方は特に大切です。

詳しくは髪にダメージを与えない白髪染め口コミ人気ランキングをご参照ください。

下記リンクからご覧いただけます。

白髪染め製品口コミランキング

白髪染めランキング!みんなから選ばれた本当にいい白髪染めを発表

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。